HOME>ホットトピックス>国家試験を受けることで技術を身につけられる

指圧師の取得を目指す

女性

リンパマッサージの施術を行うためには、国家資格である指圧師の資格が必要になります。現状では、民間資格さえ有していれば、マッサージ師として活躍することも可能ではありますが、それに対する疑問の声も強くなっていて、本格的にリンパマッサージを提供することを考えるのであれば、国家が認める指圧師の試験に合格することが有効だと言えます。勉強方法は、専門学校に通ったり、通信講座で独学で学ぶという方法があります。試験を実施したり管理を行っているのは厚生労働省であるため、受験前に概要を確認することです。

看護師など医療関係者の取得者が増えている

近頃では、看護師や医師、それに、作業療法士の間でもリンパマッサージの資格を積極的に取得する人が増えています。その理由は、医療現場やリハビリテーションの分野において、指圧のスキルを応用することが求められる用になってきました。また、介護現場でもリンパマッサージの資格を持っている介護福祉士が、施設のお年寄りのリラクゼーションなどに指圧の資格を活かすことができるため、講習に参加するという人が増えているといいます。講座は各地で開催されていて、様々な分野から高い関心が寄せられているといった状況です。

広告募集中